釣りの世界の製品開発の情熱は本当にスゴいですね。

業界全体としては、釣り人口が減少を続けている衰退産業のはずなのに、お金を使う人はまだまだ本当によく使うのでしょう。特にハイエンドの道具の進化が素晴らしいです。

衰退業界の中で生き伸び続けるのは、こうしたハイエンド特化の会社なんだと思います。


それで、2月の横浜ジャパンフィッシングショーで開発者ご本人の熱意のこもったお話を伺えて、早速注文してみたロッドがあります。

DEFI MUTHOS DM-Accura100H RG
http://www.zenaq.com/sp/sp_mut_acc_spec.html

注文制作ということで、3ヶ月待って、先日届いたばかりです。

ティップはヒラスズキロッド、バットはマグロロッドで、30グラムのペンシルベイトから200グラムのジグまでいけるとのこと。

届いたらウズウズしてしまって、鴨川のアシカ島に行ってきました。

鴨川アシカ島の瀬渡し
岩瀬渡船:090-1458-9162

前日は、ワラサが3本上がったという情報を聞いたので、なにかがロッドを曲げてくれるだろうということで、来週のトカラ遠征の予行演習的な感じで瀬に渡してもらいます。

ところが、今日は水温が下がって、潮も濁り気味。鳥山も立たない。朝マズメにチェイスがあったぐらいで、なにもなく瀬上がりとなりました。

それにしても、いいロッドです。

RGガイドという15個ものガイドが短い間隔で取り付けてあるが、これがいい感じ。ほんとうに一度も糸ガラミが無かった。

PE4号に、60ポンドフロロカーボンリーダーを2ヒロ付けたセッティングで、20グラムそこそこのフローティングミノーも飛ばせるし、糸ガラミもない。105グラムのジグも余裕で背負える。

ティップはよく曲がる印象だが、バットはRouf expedition 83 Trevallyと同じ太さがあるから、けっこう安心。(内心は、これだけ持ち重りがなければ一個上のHHのほうがよかったかな、なんて思っている)

まあ、GTとのガチンコファイトでどんな感じかは、やってみないと分からないので、またレポートします。


追記1:注意事項


ちなみに、このミュートス・アキュラ100H、このサイズのリールとの組み合わせだと、
→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009KK3EBS/

若干、リールシートのサイズが合わないようです。リールシートの締め込みが甘かったのか、魚が掛かった時にリールが前方でズレて、後方側が浮いて外れてしまい、慌てた事がありました。


追記2:インプレ(釣行記)をまとめました。


ミュートス・アキュラ100Hを使った釣行記は、以下の通り。参考にどうぞ。

屋久島にて ロウニンアジ6キロ
https://bigfishgo.site/20150829yakushima

中之島にて カスミアジ2キロ
https://bigfishgo.site/20151030nakanoshima

三宅島にて サメ15キロ、カンパチ3キロ
https://bigfishgo.site/20160728miyakejima

銭洲にて ハガツオ4キロ
https://bigfishgo.site/20160812zenisu

三宅島にて カンパチ5キロ
https://bigfishgo.site/20171206miyakejima


使った感触としては、PE2号〜PE6号までの汎用性があって、ジグをしゃくる時のロッドバランスが絶妙にいい。

磯からだと魚種にもよるけれど10キロぐらいまでの魚なら使いやすそう。

堤防だったら20キロぐらいまでなら、たぶんなんとかなるんじゃないだろうか。