このカンパチという魚が、僕はたまらなく好きである。

パワーは、GTよりも格段に上(持久力が凄まじい)。ゆえに難しさも格段に上。

人や地方によって、魚の格付けは違うが、僕にとってはヒラマサよりもカンパチである。

10キロぐらいまでならともかく、はっきりいって20キロオーバーは、ショアから獲れる自信はほとんどない(いや、10キロでさえも怪しい)。

この難しさがたまらない。

しかも食べても最高!

秋から冬にかけて、サイズが上がるとともに、甘い脂が乗ってくる。

南西諸島の方に行くとオフショアのディープエリアでしか見かけないみたいだが、なぜか伊豆諸島から小笠原にかけては、ショアから狙えるところにやってくる。

そんな伊豆諸島には、家からは山手線から船に乗り継いだら着いてしまうのだから、ホント最高である。

さて、三宅島。

着いてすぐ、竿を振り始める。

まだ、視界が利かないくらい、暗い。

今年は何度も悔しい思いをしているので、今回は、準備万端である。

ロッドはミュートスアキュラ100Hに、PE4号、リーダーはフロロカーボン14号。食わせを意識して細めのリーダーだが、なるべく引張強度が高いシーガープレミアムマックスを選んだ。ノットにも一切不安はない。FGノットとイモムシノット。フックだって新品のジガーライト段差ホールドの4/0

夢のサイズを想定して、ランディングにもこの→ 落としギャフを用意した。

地形や障害物も何回となくやられて、かなり把握している。

ランはなるべく短距離で止めて、あとは力の限り、なるべく沖のほうで浮かせてから寄せる算段である。

で、

キタッ!!

開始から数投、優しい入力で、食わせのフォールを挟んだワンピッチジャークを25シャクリぐらいのところで、ンンンッ!とロッドに重みが乗る。

渾身の追い合わせを2回入れ、寄せる。

はじめは巻ける。

ここで反転した魚が、走る。

ジャーーーーーーーーーーーーーーー

5〜6キロぐらいのドラグが勢いよく滑る。

上のほうで掛けたから、心にはいくらか余裕があるが、走りが力強い。

ドラグを更に締め、スクワットをするようにしてポンピングで寄せる。

走られそうになっても、ロッドを立てて腰を入れて溜めれば、チリッチリッとしかドラグは出ない。

寄ってくると魚は堤防に沿って横に走る。角度がつくと堤防の付け根のケーソンの角に擦られやすくなるので、自身も巻きながら横走りして距離を詰める。

まだまだ強い強い。ロッドをグングン曲げ込む。

足腰を使って、最速渾身のスクワットポンピング。

そして魚が、まだ暗い水面を割る。

なかなかいいサイズ。

暗くて掛かり所は見えないが、これなら抜けるかな。

せーの、おりゃあ!!

カンパチ。実測5.0キロ。初めての5キロオーバー

ヒットルアーは、撃投ジグ ストライク85g

ウレシーーー!!

このあとは、アカハタだったり、

地磯ベンケイ根では15時ごろにトップでいいサイズのカンパチのミスバイトがあったり、

夕方はキントキ、

翌朝もキントキ(今年はキントキが多いような)が3匹釣れたりで、終了。

全体的にはかなり渋い。もう今シーズンも終わりなのかな。

水温はまだ22度以上あるみたいだけど、海には夏の頃のようなショゴの姿はもう無い。

とはいえやはり、一回の旅で、イッピキのいい魚との出会いがあれば十分。

シーズンを締めくくる、いい釣りができた。

完。

<タックルデータ>

ロッド   :ゼナック ミュートス・アキュラ 100H

リール   :ツインパワー8000PG
メインライン:よつあみ ウルトラジグマン X8 4号

リーダー  :シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 14号 3ヒロ

ルアー   :撃投ジグ ストライク85g

—–