メルカリ、最高である。

新しい物々交換の時代の始まりだと思う。

倉庫に眠っている釣具がどんどん片付いて、それがフライパンに替わる。浄水器に替わる。

妻が大喜びなのである^^

このフライパンも浄水器も、誰かにとっては新品のまま使わずに眠っていたものなわけで。

やってみると、なんでもすぐに売れるし、その売上ポイントでなんでも買えるのである。スマホ1つで出品できる使い易さに工夫が凝らされている。

この売れる快感を知ってしまうと、送料を引いて利益が残らなくても、欲しい人に譲ることができるならそれでいいんじゃないかという気持ちになってくる。捨ててしまうより、誰かが使ってくれる喜び!!




さて、表題の釣竿の梱包について、である。

メルカリなら、ものが傷ついたりしないでちゃんと届けば、それでいいと思う。

ブランドのパッケージのように取り繕う必要もないし、新品であることを強調するために新品の梱包材である必要もない。

釣竿って、長いし、折れて欲しくないし、梱包材が悩ましい。このためだけにボイド菅を買うのも、う〜〜ん。

それで、考えついたのが、この段ボール箱で、ナガモノ用の梱包材を作る方法。

段ボール箱を展開して

山折りの切れ込みを入れる。刃物は包丁とかでいいし、定規は切れ端の段ボールでいい。

三角に折る。最強の構造体だ。

折った背中は梱包テープで補強。

あとはテキトーに端材でフタをつけて、

梱包テープでグルグルと。

失敗しても、段ボールなら簡単に手に入るから、やり直せばいい。

軽くてサイコー。なんなら遠征用のロッドケースもこれでよくない??

ゴールデンウィークは、せっかくの機会だから、家の片付けをしましょう!




—–