粟島へ行ってきた。

今年は、まだまだ水温が高く、ヒラマサが多いらしい。

聞くところによると、ちょっと前にはメーターオーバーも上がったとか。

港に着くと、船の下には小アジがいっぱい。

期待を胸に出船!

1日目に上げてもらったのは、タカシマという島の南西方面の瀬。

時折、大ウネリが入るようなので、磯に乗ってしばらくは様子を見ながら、のんびりお昼ゴハン。

ああーーーーーーー!磯はサイコーである。

さて、大漁時刻表でも、いいジアイと出ている14時にキャスト開始。

日本海のような、干満差が無く潮流がはっきりしない場所では、大漁時刻表はとてもいい目安になる。昼間でも真っ赤っかになっていれば、確信を持って投げ続けられる。

と、1時間ぐらい投げ続けた頃、突然、ルアーの背後にチュパッ!と出た。そして次のジャークの時にはロッドに重みが乗っていた。が、魚は小さいか。アワセがしっかり効いていないまま魚は手前に向かって走り、フックアウト。

ヒットルアーはラピード160

そして、すぐ数投後、同じくラピード160にバイト!

が、これも手前まで寄せてイエローラインの魚体が見えたところで、瀬際で反転。それほど大きくはないが、ヒラマサの瀬際のツッコミは鋭く速い。テラスに干渉したためラインフリーで離してから浮かせようと思ったところでフックアウト。

それっきり、反応は無くなって、回収の16時40分を迎えた。

2日目。

5時45分出船。

北国の朝は遅い。船長は北に船を走らせてくれて、乗せてもらったのはナベイワ。

潮通しが良く、その上、南東の風が追い風になって、ルアーがかっ飛ぶ。

一発目の大物を狙って、ラピード190から始める。

数投ですぐ反応が得られる。

フルキャストから着水後、数ジャークで、モリッ!とルアーの後ろの水面が盛り上がる。

もう一投。

見切られないように、速い入力のジャーク。

ジュパッ!ストップ。

ジュパッ!ストップ。

ジュパッ!ストップ。

ジュパッ!ストップ。

潮目に差し掛かったところで、ポーーン!ドルフィンジャンプバイト!

しかし乗らない。魚は小さいか。

ラピード160にルアーサイズを落として、優しくジャーク。

ガボッ!乗ったあー!

手前のテラスと右の岩に気をつけて、一気に抜き上げ。

ヒラマサ2.5キロ。

美しい!美味しそう!

ロッドは、Explore Shore-GT プロト6。ヒラマサの小さいルアーも投げやすいようにプロト5よりも曲がり込んで、ルアーの重さを乗せやすい設計。PE5〜6号ぐらいを想定している。

もう一本。

これは、もう少し大きい。

実測3.2キロ。ワラサなのかな?

でも、後で船長が言うには、これもヒラマサだよ、とのこと。2年前にもここで同じようなハイブリッドっぽい魚を釣ったような。

ここからは、サイズを狙ってルアーサイズを大きくして、ラピード190に。

しかし、釣れるのは2キロ半ぐらいのヒラマサ。

さらに、ルアーを大きくして、ラピード230に。

ロッドも、Explore Shore-GT プロト5に持ち替えた。

しかし、やはり釣れるのは2~3キロクラス。

特にフィーバータイムは9時~10時の間で、バイトの数は数え切れないぐらい。結果キャッチは8本。最大サイズが3.2キロだった。デカい魚は今回は姿さえ見られなかった。

ちなみに、魚の胃袋の中身は小アジ。港の中を泳いでいたのと同じぐらいの7~8センチ。あとは結構大きなイカ(たぶんアオリイカ)を吐き出した個体もいた。

全体的に、速いジャークではミスバイトが多く、柔らかい入力の丁寧なジャークでも見切られず乗りが良かった印象。これはイカを捕食しているからなんだろうか。

また、ラピード以外のルアーも投げたが、反応は少なく、逆にサイズを上げてもラピードには好反応という、粟島ラピード最強説をさらに強める結果だった。釣れるから投げる、投げるから釣れる、というだけかもしれないが。

いつもはラピード160のスピードジャークが、粟島での僕の定番。

ロッドは、Explore Shore-GT プロト6ならラピード130でも投げられるが、柔らかく追従するロッドだと魚が根の際で反転するのを許してしまうため取り込みに少しまごつく。やっぱりプロト5の使い心地のほうが好み。

釣ったヒラマサは、3本だけお持ち帰りで、残りは宿におすそ分け。

今回初導入の、折り畳みソフトクーラーもいい感じである。スーツケースに収納して持ってゆけて、見た目以上に保冷力バツグン!

<タックルデータ>

ロッド    :Explore Shore-GT プロト5(チタンガイド15点)

リール    :ソルティガ6500

メインライン :バリバス スーパーマックスパワー8号

スペーサー  :PE15号 2ヒロ

リーダー   :潮聲50号 4ヒロ

ロッド    :Explore Shore-GT プロト6(ステンレスオーシャンガイド8点)

リール    :ツインパワー14000PG

メインライン :バリバス SMP 6号

スペーサー  :PE15号 2ヒロ

リーダー   :潮聲50号 3ヒロ半

—–