今年、何回目だろうか。

 

神子元島のカンパチ狙いで出掛けた。

 

 

ここでカンパチを掛けたのは、シーズンはじめの3月の時だけ。しかも掛けた2本ともバラしている。

 

以来、何度も足を運んでいるが、一度も姿を見かけていない。

 

来る度に、もう次は来ない、と決心しながら、ダイビング船の情報を見たりタイドグラフとにらめっこしていると妄想が膨らみ、次こそはいい思いができるかも!とまた来てしまう(笑)

 

 

今回も、下げ潮が効いたタイミングで、沖では小規模のボイルが散発。水面をシュボッ!シュボッ!と吸い込みっぽい感じで喰っている。瀬際には5センチぐらいのマイクロベイトが見えるから、これを喰っているんだろうか。

 

ところがルアーはあと少しで届かない。そして、すぐにボイルは沈んでしまう。

 

結局、今回も撃沈。

 

ああカンパチが食べたい〜

—–