3ピースのショアGTロッドが組み上がった。

 

 

ガイドは、当初の計画に立ち戻って、8点ガイド。

 

まず基準点をオーソドックスなところに定めることにした。

 

ステンレスオーシャンガイドの40、30、20、16、16、16、16、16という構成。

 

手持ちの8ガイドのRB95SDを参考に配置し、曲げてみながら微調整を入れたら、気持ちの良い並びになった。

 

 

にしても、この強さはキケンだなあ。これまで振ったなかでは明らかに最強。

 

 

資材を揃え段取りを整えてから、組み始め5日。

 

毎日夜なべをして、ガイドを巻いてコーティング。

 

細部の調整はまだできるように組みつつ、とりあえずテストできる状態にまでなった。

 

自分で組めば、試行錯誤のサイクルを早く回せるのがいい。

 

 

組みあがった時点で重量は、499グラム。

 

エアポータブルC85XXHS 480g

ミュートスアキュラ100HH 390g

ルーフエクスペディションEP83-6 Trevally 423g

マンビカ 100SXH 481g

 

と比較すれば、3ピースで10フィートでこのパワーなら、こんなものだろうか。

 

むしろ、ロッドエンドにウェイトを追加したほうが、持ち重りは少なくなるかもしれない。(現時点で重心は、キャタリナ6500を付けてリールフットから160mm前方)

 

 

ちなみに、今回の8点のステンレスガイドの8つの重量合計は34.5g。

 

14点のRGガイドの場合、チタンガイドを使って14個の重量合計は22.9g。

 

この違いは、使い心地の差を試してみたいところである。

 

 

さあ、ともあれ振ってみないことには。

 

どこに行こうか??

 

—–