最近は、ベイトタックルが面白い。

Explore Shore-GTを、ベイト仕様で組んで、テストをはじめようとしているところ。

とりあえずは、スピニングのチタンガイド15点バージョンと同じガイド位置で組んで、試しながらガイド数をちょうどいい数まで絞っていこうと考えている。


と、同時に研究しているのが、タコ釣りをベイトタックルで。

不動産物件の用事で千葉に行ったついでに、外房へ。

大原から南へ、漁港を転々と撃ってゆく。

いままで、タコ釣りの視点で外房を見たことがなかったから、なかなかポイントの見当が付けられない。

全部ポイントにも見えるが、かといってすぐに反応があるわけでもない。漁港内って、カニカゴが沈んでたり、自転車が沈んでたり(笑)、地雷が多い。

しかもはじめての場所で、一投に5分ぐらいかかるこの釣りは、ポイントが広いだけに、気が逸る。かといって丁寧にゆっくりやらないとタコが乗らないし。


そこで、編み出したのが、この釣り方。

ベイトタックルは左手だけでロッドを持ちながら、指でスタードラグのところを回せるから、空いた右手では同時にスマホで仕事ができちゃう^^

左手は海底、右手はコピーライティング。

仕事に集中すると絶妙のポーズが出せる。殺気も消せるwww


と、

ん?ぐいぐい

スマホをポケットにしまって、せいっ!!

キタッー。

いいタコ。1キロないぐらいかな?

ヒットタイムは満潮潮止まり15時を少しすぎた16時ぐらい。

が、後が続かず、日が暮れて終了。

ベイトタックルは投げて楽しい、巻いて楽しい^^

タコはベイトタックル。この使いやすさは間違いないと思う。


<タックルセッティング>

ロッド :ホーネットスティンガープラスHSPC-744X-BB
リール :レボ ビッグシューター
ライン :PE5号
エギ  :オクトパスタップ3.5号タコベイト3号
シンカー:バークレイ スイベルシンカー3/4oz


Explore Shore-GTのベイトバージョンのほうも、別にベイトである理由はまったく無いけど(ロングリーダー神話は信じてないw)、投げて楽しい、巻いて楽しいっていうのはベイトの良さだと思う。

あと、重量バランス・グリップポジションは、伊豆諸島のカンパチとかでジグがしゃくりやすそうなものになるんじゃないか、という予想。


BigFishGo
ビッグフィッシュゴー
代表     :廣瀬一京(ひろせいっけい)
所在     :〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-30-14-303
ホームページ :https://bigfishgo.tokyo-diamond.jp/
ネットショップ:https://bigfishgo.thebase.in/
ブログ    :https://bigfishgo.site