廣瀬 一京(ひろせ いっけい)

国をまたいだ事業の話や、世界の大物釣りの話を書いています。
最近では、釣り旅をより楽しくするために、3ピースのショアGTロッド・Exploreシリーズを開発し、BigFishGoを立ち上げました。開発記もご期待ください^^

自己紹介します。

BigFishGo 代表
ミャンマーベンチャーパートナーズ 日本支部代表
ASEAN古物輸出事業 社外執行役CMO
東京ダイヤモンド株式会社 代表取締役CEO

こちらテレビ出演いたしました!

BS釣りビジョン『五畳半の狼』廣瀬一京・世界釣り放浪記 2016年3月17日放送

他、チバテレビ、日経新聞、産経新聞、その他各種雑誌媒体の取材や資料提供などメディアにも取り挙げていただいてます。

原稿執筆、取材の依頼、仕事の依頼の際は、ikkei.hirose@gmail.comまでご連絡ください。

マイストーリー

1981年、岐阜県の長良川のほとりの穂積町(現在は瑞穂市)に生まれました。

水に囲まれた環境で育ち、釣りの師匠は父。もの心ついた時には、釣竿を握っていたように思います。

自転車を買ってもらってからは往復で5時間もかかる伊勢湾までシーバスを狙いに行ったり、

大学に入学してからは、パックロッドを持ってアジア-中東-東西ヨーロッパ-アメリカ大陸と、世界一周の旅に出掛けたり、

歩いて日本一周の野宿旅をしたり、と出来るだけ遠くへ、釣りの楽園を求めて冒険旅を繰り返してきました。

大学卒業後は、しばらく釣りを離れ、金工技術の習得と経営技術の習得に約10年間没頭したのちに起業。事業が軌道に乗ってから、改めて釣り旅の続きをするようになって今に至ります。

一番好きな釣りはショアGTですが、中でも家族で子供達とリゾート旅行に出掛け、朝マヅメに磯に降りて魚をキャッチし朝食までに戻ってくる、そんなリゾートパパスタイルが好きです^^

モットーは「道なきところに道をつくる」。

大きな魚を釣ることが好きですが、自力で試行錯誤して、一匹の魚をキャッチするまでにいたる道を切り開くことに強いやりがいを感じます。

僕にとっては、大きな魚だけでなく、事業で大きな社会的価値、そして大きな利益を生み出すことも、魚を釣ることと同様に「道なきところに道をつくる」やりがいを感じる活動です。

そういう意味で、3ピースのショアGTロッド・Exploreシリーズの開発は魂の活動です!
→ https://bigfishgo.tokyo-diamond.jp/