2月の遠征計画を立てています。
月に1度のショアGT遠征ですが、仕事の関係上、月曜発、木曜帰着と時間が限られるので、なるべく多くの回数の朝夕マヅメにポイントに立てる遠征先を選びたいと考えています。
これまでに行った場所として、
・宮古諸島の伊良部島 11月
・八重山諸島の黒島 12月
・奄美大島の地磯 1月
がありますが、これらは早朝発の飛行機に乗ると、目黒の自宅を出て、船を乗り継いでも、夕方にはポイントに立つ事が出来ました。
そして、次の候補先選び。
今日は、乗り継ぎ便などを調べた結果を残す事で、備忘録としておきたいと思います。
それにしても、離島行きの船便の運行スケジュール表は、なんて見つけづらいんだろうと、いつも思います。ちなみに乗り継ぎ検索アプリを使っても、下記のようなLCCと船便の組み合わせは上手く見つからないようでした。
ニーズはとても少ないと思いますが、離島便の運行スケジュールのページのURLも残しておきますので、参考にお使いください。
まず、候補として挙げたのが、次の通りです。
・慶良間諸島 渡嘉敷島
・慶良間諸島 座間味島
・慶良間諸島 その他の離島
・大東島
・屋久島
・種子島
・伊豆諸島もしくは小笠原諸島
・久米島
・渡名喜島
・粟国島
・喜界島
まず、慶良間諸島は、冬期は那覇発の船が9時発、10時発、16時発の3便なので、午前中の便に間に合わないと夕マヅメにはポイントに立てません。羽田発スカイマークの始発便6:35発・9:25那覇着に乗っても間に合わないですね。
那覇発、渡嘉敷島行き運行スケジュール
http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/ferry/time
那覇発、座間味島行き運行スケジュール
大東島は、那覇を17時発、翌朝8時に大東島着だから、移動に丸1日以上かかってしまいます。便数も月に5便だから、もう少し時間の余裕があるときに行きたいです。
那覇発、大東島行き運行スケジュール
屋久島と種子島は、当日のうちにポイントに立てそうです。鹿児島発が13時20分、所用時間は約2時間。成田発のジェットスター7:25発、9:25鹿児島着に乗って、市内の移動を考えても十分に間に合います。
鹿児島発、屋久島・種子島行き運行スケジュール
伊豆諸島では、GTは期待できないかな。小笠原の父島まで行くとなると、船で25時間。ちょっとかかりすぎですね。
東京竹橋発、伊豆諸島行き運行スケジュール
http://www.tokaikisen.co.jp/time_price/timetable/2015_03.shtml
東京竹橋発、小笠原行き運行スケジュール
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/service/
久米島はどうか?というと、那覇発の船が8時半発または、14時発の2便。夕マヅメにはポイントに立てません。飛行機を使えば間に合うけれど、やっぱ船旅が面白いよな、と思います。渡名喜島も同じです。
那覇発、久米島・渡名喜島行き運行スケジュール
粟国島は、那覇9:55発、粟国島14:10着の1日1便のみ。羽田発スカイマークの始発便6:35発・9:25那覇着に乗っても間に合わないです。
那覇発、粟国島行き運行スケジュール
あとは喜界島。奄美大島の名瀬を19:40発と21:50発の2便。所要時間は2時間。自宅を午後発で翌朝の朝マヅメにはポイントに立てます。スケジュールの立て方によってはありですね。
奄美大島名瀬発、喜界島行き運行スケジュール
http://www.aline-ferry.com/amami/time.html
以上から、次回は屋久島にしようと思います。
気温はけっこう低いかな。水温は黒潮が当たるから十分なんじゃないかと予想しています。

—–